スパシャン2020は施工後1日経つと真価を発揮する!

スパシャン2018とスパシャン2019は施工後すぐでもツヤツヤの艶,光沢で強撥水、スベスベとした肌触りが体感できました。

しかしスパシャン2020の記事でも書いたように、スパシャン2020は施工後すぐでは過去のスパシャン製品と比べると明らかに艶,光沢や撥水が弱く、スベスベとした肌触りはありませんでした。

正直なところ「性能が落ちたな」と感じたのがの第一印象。

それから何度か使っていくうちに

『スパシャン2020はコーティング後1日経つと従来のスパシャン同様の性能を発揮する』

と言うことに気が付いたので書きたいと思います。

コーティング後1日経つと真価を発揮!

スパシャン2020を施工して1日経つとどう発揮するのか具体的に言うと

  • ツヤツヤとした艶,光沢が増す
  • 撥水が強くなる
  • 肌触りが良くなる

と言った感じ。

ツヤツヤとした艶,光沢が増す

施工後すぐでも多少艶,光沢はでますが前作のスパシャンほどツヤツヤにはなりませんが、1日置くと艶,光沢が増し一気にツヤツヤ。

しかし今までのスパシャンもツヤツヤ感が凄かったので同等、もしくは若干上程度です。

ただしツヤツヤにするには下地処理有りきの話。

そもそもツヤツヤにするにはベース(塗装)の状態に依存するので下地処理せずシミだらけでスパシャンしても艶,光沢は出にくく、スパシャンに限らずどのカーコーティングにも言えること。耐久性も悪くなります。

なので初回施工時は特に『雨染み,鉄粉,油分,スケール汚れ』など塗装に乗った汚れを落とす下地処理は必須。塗装陥没は磨くしか除去する方法はありませんけどね!

撥水が強くなる

施工後直ぐでは疎水性の撥水が以前より明らかに弱く感じ撥水に物足りなさを感じていました。

サイドパネルやバックドアなど側面の撥水は気になりませんでしたが、特にボンネットと天井の水が溜まりやすい平面部分の撥水状態を見て撥水力が前作に比べ落ちたなと感じました。

しかし1日置くことでスパシャン2020が乾燥し定着するのか撥水が強くなり(画像の状態)この状態が「拒水」なんだと思います。

スベスベ感がでる

従来のスパシャンはツルツルした肌触りも特徴でしたが、スパシャン2020は手で触れるとキュッと止まるくらいスベスベ感はなく肌触りは良くない。

前スパシャンは施工後直後から手ざわりでも「コーティングした」と言うのが分かるくらいツルツルになります。

明らかに肌触り良くないですが1日置くことで前スパシャンのツルツルした肌触りにはなりませんが、クロスなどで触るとスベスベというかスルスルとした肌触りになります。

しかし1日置いても手触りはではキュと手が止まるので直で触れてもスルスルとした肌触りは体感はできないので肌触り、手触りは過去のスパシャンの方が体感できます。

スポンサーリンク

まとめ、感想

スパシャンと言えば施工してすぐに効果が体感できるコーティングだったので、今作もすぐに体感できると思い性能が落ちたなと感じていました。

しかし施工後1日経つとスパシャン2020は本来の拒水と呼ばれる性能を発揮しました。

ただし1日乾燥後でも撥水性、艶,光沢は向上すものの前作のツルツルの肌触りにはなりませんでしたがスベスベ,スルスル感はあるので性能が落ちたと言うわけではないのか?と言った感じ。

また塗り重ねる事によりコーティングが強固になるのも実践済み!

塗り重ねるに関してはそのうち記事にしたいと思います。

それではまた〜!

関連記事