希釈率450倍!?新しくなったスパシャンのカーシャンプー「CARSHAN」を使ってみた!

大人気コーティング「スパシャン」のカーシャンプが気がついたら(笑)新しくなっていたので購入してみました。

スパシャン「CARSHAN」のレビューしたいと思います。

しかし相変わらずスパシャン人気凄いですね。当方も今度スパシャン2020のレビュー予定です!

新しくなった「SPASHAN CARSHAN」

メーカースーパースポーツコレクション
製品SPASHAN CARSHAN
(スパシャン カーシャン)
Dr.ケアコレ CARSHAN
容量500ml
用途カーシャンプ
最大希釈率450倍

巷で噂のバチバチ弾く滑水性コーティング「スパシャン」を販売しているスパコレのカーシャンプが「SPASHAN CARSHAN」

正式名称は【Dr.ケアコレ CARSHAN】

当記事を書く約7ヶ月前の19年8月に前モデルのレビューしており、新モデルを買ったのは20年3月なので新しくなったのは最近だと思います。

ボトル形状はシャープでシンプルになり飾らないかっこよさがある形「飾らないでも普通じゃない」感じが個人的には好きです(笑)

前モデル同様にクリームソーダ色は健在で匂いも甘いのが特徴。匂いは希釈すると無くなります。

またカーコーティングを落とすことがない中性洗剤なので、スパシャン施工車などカーコーティング施工車でも安心して洗車可能。

変わったのは希釈割合(希釈率)が350倍から450倍になり原液が濃厚になったこと。

さらに洗浄効果もUPしたらしい。

ただし容量が「750ml」→「500ml」に減っています。

なぜ容量を減らしたのか?疑問に感じますが、それよりも前モデルは記載通りの希釈割合では泡立ちが悪かったので450倍は不安要素でしかない。

希釈割合と使用回数

  • 4Lのカーシャンプを作るには・カーシャ「8.8 ml」・水「4L」の希釈割合
  • 容量500ml で4Lカーシャンプ(450倍)で洗車すると「約56.8回分」

4L分のカーシャンプあればどんな車でも一台分洗車できるので洗車1回辺りの平均を「4L」とした場合、カーシャの希釈割合は450倍希釈なので1回の使用量は「8.8ml」と1回分はかなり少量ですみます。

また容量500mlと少ないですが1回辺りの消費量がかなり少ないので「約56.8回分」も洗車でき容量。

ただし前モデルは350倍希釈でも容量750ml入りだったので4Lのカーシャンプの場合は洗車回数が「65.7回分」と同価格の前モデルの方がコスパに優れてはいますが、それでも450倍希釈で使用す場合はカーシャンプの中で1位2位を争うコストパフォーマンスです。

スポンサーリンク

使用感想

450倍の希釈割合で泡立たせた泡は弾力がありクリーミーでした。

しかし実際にボディーを洗うとやはり前モデルの同様にカーシャンプが薄い。

またバケツ内の泡の密度がなく消えやすい。

さらにスポンジを揉んでも全く泡立ちません。

結果、バケツからスポンジで取り出したカーシャンプがボディの上では一切泡立たないので途中水で洗っている状態になり450倍だとかなり薄く感じます。ただ薄い泡切れが良くすすぎは簡単でした。

次に前モデルも個人的にはおすすめだった「200倍」で希釈したところ、バケツ内の泡の密度が濃くなりクリーミーな泡立ちになりましたが、やはりボディー上での追い泡立ち(スポンジを片手で持ってクシュクシュすると泡立ってくる感じのこと)はいまいちですね。

200倍辺の希釈率がおすすが500mlだと25回分の洗車しかできなくなるのでコスパが良いとも言えません!!

ちなみにコスパ無視で50倍希釈する泡が驚くほどクリーミーにはなりますが、泡立ってるのはバケツ内のみでスポンジを揉んだりしても泡立ちません。

洗浄力は脱脂力があるかどうかくらいで洗浄力に関してはどの製品もそれほど差はないと感じます。むしろ洗浄力が良いカーシャンプは恐ろしくて使えません(笑)

スポンサーリンク

まとめ、感想

容量500ml入りと前モデルと比べて250ml減っていますが、希釈率が450倍と高くなったことで4Lのカーシャンプで約57回分洗車が可能。

価格が約1000円なので450倍だと1回の洗車当たり「17.5円」でコストパフォーマンスはかなり高いです。

しかし記載通りの450倍だと泡が薄く、泡立ちなどカーシャンプとしての性能は他の製品にかなり劣ってしまう。はっきり言って泡立ちが悪い。

なので200倍辺りがカーシャンプとしの泡立ちが妥協できる最低ラインだと実際に使用して感じました。

ただし200倍だと1回辺りの原液使用量「20ml」。4Lのカーシャンプで「25回」

1回辺りの価格「40円」とコスパが悪くなるだけではなく、200倍で市販のカーシャンプの方が泡立ちがいいです。

もちろん泡立ちがいい方が良いと一概には言えませんが泡立ちはカーシャンプの濃厚が濃いければ泡立ちやすいのため指標にはなりますし、何より泡立ちが良い方が洗車してて楽しいですからね!

総合的に見て前モデル同様にもう買うことはないかなと思うカーシャンプでした!

希釈率をそこまで高くしなくていいから4L/30回分で市販のカーシャンプの泡立ち、泡持ちに性能に近ければお得なんだけどな……

それではまた〜!

関連記事